月利17% で絶対に得する革命的スワップ運用術の基本戦略です。

 

基本的には 以下の組み合わせで、ポジションを持っていくだけです。

 

    ユロドル   1 万通貨 売り  (1 万 EUR売り、1.12万USD買い)   

    ユロ円      1 万通貨 買い  (1 万 EUR買い、118万JPY売り)    

    ドル円     1.12 万通貨 売り (1.12 万 USD売り、118万JPY買い)

       ※ 1 EUR = 1.12 USD の場合

 

これは後程説明します。まずは、どのようにして資金運用をしていくのか、戦略を説明させていただきます。

 

リスクが少ないのは最初であり、時間が経つごとにリスクや損失が大きい

 

まずは10万くらいの少額で始めて、プラスになることを確認したら金額を大きくして100万で・・・と、考えがちですが、違います!!

このスワップレートでのサービスはずっと続くものではないので、後になるほど恩恵をあずかれなくなる機会損失が高いと考えてください。

つまりは逆です。

100万で運用(月に17万の利益)するなら、例えば最初に200万を入金して、初回でスワップ金利の利益がぐっと入ったところ(月に34万ずつ3か月程度経過した時)でポジションを縮小し100万円を引き揚げるのです。サービス継続が見込め初めに多く稼いで、元本分の引き上げが完了したら、ゆっくり増やしていきましょう。元本の引き上げも、国内外を問わず FX 業者を使う上での鉄則ですね

元本と同じ額がたまるまで、4か月強かかります。そのため、最初の入金を倍にして、2か月で資金を引き揚げて、あとは安全圏でやってしまうことをお勧めします。

 

皮算用してみた

 

さて、100 万円を口座に入れると、月に15万程度入ってくる計算です。

私が実際にやってみたところだと、150 万円で 16ロットで開始し、利益が出るのに合わせて毎週ロットを追加していき、月末には19ロットになっていたため、スワップ合計金額が 18万7000円ほどの利益になっていました。

(最初は手数料やスプレッド差を引くので、実際の口座利益は少しだけ低くなります)

 

そこで、100万円の入金でフリーマージンを20%のこす (100万の入金なら必要証拠金を20万以上残す) として、どのように今後の資金が増えていくのか計算してみました。

元本の引き上げは計算に入れてないので、適当なタイミングで行ってください。

 

 

保持ロット

総数

獲得スワップ

口座残高

フリーな証拠金

(口座評価額の20%以上を維持)

0週間目

11

¥0

¥964,723

¥185,265

1週間目

11

¥42,920

¥1,007,643

¥228,185

2週間目

11

¥42,920

¥1,045,676

¥266,218

3週間目

11.5

¥42,920

¥1,085,659

¥270,771

4週間目

12

¥44,871

¥1,132,481

¥282,163

5週間目

12.5

¥46,822

¥1,176,366

¥290,619

6週間目

13

¥48,773

¥1,222,203

¥301,025

7週間目

13.5

¥50,723

¥1,269,990

¥313,382

8週間目

14

¥52,674

¥1,319,728

¥327,690

9週間目

14.5

¥54,625

¥1,371,417

¥343,949

10週間目

15

¥56,576

¥1,425,057

¥362,159

11週間目

16

¥58,527

¥1,482,598

¥348,841

12週間目

16.5

¥62,429

¥1,542,091

¥372,904

13週間目

17

¥64,380

¥1,603,534

¥398,917

14週間目

18

¥66,331

¥1,668,879

¥393,402

15週間目

18.5

¥70,233

¥1,736,176

¥425,269

16週間目

19.5

¥72,183

¥1,807,373

¥425,607

 

 

(横軸は週:  1週間目、2週間目、 ...)

 

証拠金は、口座資金が多くなってくるほど残す必要は無くなってくるので、実際には時間がたてば 20% も維持する必要はなく、もっと購入数が増えて急激に大きくなっていきますね。200 万で開始して、証拠金維持率を減らしていくと、グラフは以下の通りです。

 

(横軸は週:  1週間目、2週間目、 ...)

※ 52週間目時点での口座評価額は 2158 万円、証拠金余剰は 234万円程度で 10% 強まで徐々に減らしています。

 

もしも1年間続けられたら、年収2千万ですね。

52 週目は1週間で 100万円増えますので、スタートが1週間遅ければ後々には 100万円の損失になると考えると、まさに「時は金なり」です。

 

思い切っていくならお金を集めて1か月で返す

 

このスワップ金利はカードローン等よりはるかに多いので、金融機関やカードを使って数百万円を集め、1か月で返済して、残ったお金でやるのも一つです。もちろんそんなものを使わずに、自分の貯金や知人親戚から集めるのがベストです。100万円集めることができれば、1か月後には117万円。金利含めて 107万円の返済をしたとして、手元に残った10万円を自分の資本として開始することができます。

 

3すくみのスワップ運用なら、仮に明日に口座が強制クローズになっても残金がゼロになるわけではないので、返済不能になることは無いです。(最悪、スプレッドと手数料分の5%くらいは自分で負担しないといけないリスクだけが残ります。リスクとリワードの比率は圧倒的なプラスですね)。

 

>>革命的スワップの運用方法