月利17% で絶対に得する革命的スワップ運用術の運用方法です。

 

ポジションの持ち方

 

基本的には、以下のような比率でポジションを持っていくことです。

 

通貨ペア

売り・買い

ロット売買数比率

EURUSD

売り

 1

EURJPY

買い

 1

USDJPY

売り

 1.12

 

最後のUSDJPYのロット数1.12は、EURUSDのレートになります。

EURUSDが 1.30000 なら、1.13ロットの売りになります。

どうしても端数が出てしまいますが、これは複数回の売買で埋めるようにしてください。

たとえば、最初は四捨五入の切り上げなら、次は四捨五入の切り捨て、などです。

 

 ここでは EUR/USD/JPY にしていますが、この組み合わせは様々です。(2019年12月30日版スワップ比較表)
 ※ 2020年8月現在では、月利80%を超える組み合わせが見つかっています。

 

これを GBP/AUD/USD の組み合わせでやるなら、当日の GBP/AUD のレートを確認して仮に 1.7647 であれば、

    GBP/AUD   1 万通貨 売り  (1 万 GBP売り、1.7647万AUD買い)   

    GBP/USD   1 万通貨 買い  (1 万 GBP買い、1.28400万USD売り)    

    AUD/USD   1.7647 万通貨 売り (1.7647 万 AUD売り、1.28400万USD買い)

となります。

 

上記 EUR/USD/JPY を EURUSD 1ロットのセットでポジションを持つと、1日550円強のスワップ利益が出ます。

また、口座100万円当たり 14 ロットほど持つことができますが、急激なスプレッド拡大に対応するため11 ロット程度にしたとして

そのまま30日経過すると、16万5000円強のスワップ益になります。

 

もちろん、激しく価格が乱高下しても口座損益はゼロのままですので安心です。

 

参考

 超ハイレバ!5000万通貨でチャート乱高下中も全く為替損失が出ずにスワップだけもらえている!

 

さあ、あとはこれで口座をほったらかして、月1くらいで見に行ってください。

 

※ こちらに管理人が個人的に考えた 革命的スワップ運用の戦略 があります。 

 

以上になります。

>>革命的スワップの運用方法 まとめ