月利17% で絶対に得する革命的スワップ運用術のまとめです。

 

1.革命的スワップ運用術

 

    ユーロ、ドル、円の3両建てをすることで、為替差損はゼロのままスワップ金利だけいただく。

    口座入金額に対して、月当たり17%のスワップ金利がもらえる。

 

2.口座開設

 

   好条件を満たす唯一の口座は、FXSuit の優待口座だけ。

   ただし、バミューダ諸島の住所である優待コードを入力するか、このリンクから開設すること。

   ※ ほかのサイトのは条件が悪いままであるものが多数あります。

 

3. 運用開始

 

  EURUSD のレートを調べて、以下のようにポジションを立てる。

通貨ペア

売り・買い

ロット売買比率

EURUSD

売り

 1   ロット

EURJPY

買い

 1   ロット

USDJPY

売り

 1.12  ロット

 ※ USDJPYはEURUSD のレートが 1.1200 の場合。

     EURUSDのレートが1.20000 なら、USDJPY は 1.2000 ロットの売りになります

 

口座入金額が100万円なら、このロットセットを11セット作れます。

口座入金額が300万円なら、このロットセットを33セット作れます。

1セット当たり、1日約550円、1か月(31日)で約17,050円のスワップになります。

 

過激に行くなら、いろいろなところから1000万くらい借りて、1か月で返してしまって、手元に残った170万円で開始です。

 

4. 元本引き上げ(推奨)

 

    適当に儲かってきたら、最初に入れた元本を引き揚げておきましょう。

    増加量がぐぐっと減ってしまいますが、そうするのがおすすめです。

 

月利17% で絶対に得する革命的スワップ運用術の運用方法です。

 

ポジションの持ち方

 

基本的には、以下のような比率でポジションを持っていくことです。

 

通貨ペア

売り・買い

ロット売買数比率

EURUSD

売り

 1

EURJPY

買い

 1

USDJPY

売り

 1.12

 

最後のUSDJPYのロット数1.12は、EURUSDのレートになります。

EURUSDが 1.30000 なら、1.13ロットの売りになります。

どうしても端数が出てしまいますが、これは複数回の売買で埋めるようにしてください。

たとえば、最初は四捨五入の切り上げなら、次は四捨五入の切り捨て、などです。

 

上記を EURUSD 1ロットのセットでポジションを持つと、1日500円強のスワップ利益が出ます。

また、口座100万円当たり 14 ロットほど持つことができますが、最初は 11 ロット程度にしてください。

理由はありませんが、念のためです。

11 ロットもってそのまま30日経過すると、16万5000円強のスワップ益になります。

 

もちろん、激しく価格が乱高下しても口座損益はゼロのままですので安心です。

 

参考

 超ハイレバ!5000万通貨でチャート乱高下中も全く為替損失が出ずにスワップだけもらえている!

{youtube}u0UdAxG0d7I{/youtube}

 

さあ、あとはこれで口座をほったらかして、月1くらいで見に行ってください。

 

以上になります。

>>革命的スワップの運用方法 まとめ

月利17% で絶対に得する革命的スワップ運用術の口座開設方法です。

 

 

口座の開設方法

 

まず、 https://www.fxsuit.com/ja  にアクセスします。

そして、ライブ口座の開設に必要な情報を入力しましょう。

 

 

ネット上にほかにも FXSuit の口座を開設する手順があるかもしれませんが、間違っていることがあるので、

以下の3点だけ、必ず確認をしてください。

 

  トレーディング口座  ----  オールゼロ口座     <-- これにしないとダメ!

  Promotion Code      -----                         <-- この欄が画面に出ないこと。海外口座になってしまうと優待スワップじゃなくなる。

  レバレッジ               -----  500        <-- どうせ為替差損が出ないので、最も大きくする

 

この説明で、Promotion Code がどこの国のコードかわからないものが出回っています。

まず、このページのリンク https://www.fxsuit.com/ja からたどれば絶対に出ません。

 

「取引口座を開設する」をクリックしたら完了です。

 

※ あっさりと口座が開設されたように見えますが、その後メールでしっかり身分確認の書類の提示を要求されます。

    身分確認手続きが完了するまでは、トレードも出金もできないので注意してください。

 

 

本人確認書類のアップロード

 

口座登録直後にメールが届きますので、メール内に記載されたリンクをクリックします。

ログイン画面が出るので、ログインします。

 

上部のメニューから、[プロフィール] -> [書類をアップロード] を選択します。

 

 

口座の有効化には、(A) 身分証 と (B) 住所証明の両方の書類が必要です。スキャン (携帯で写真を撮っても可) して、ファイルを用意します。

 

(A) 身分証は、以下のうちのいずれか1つ

     免許証/パスポート/保険証 (いわゆる、身分証として有効なもの)

(B) 住所証明は以下のうちのいずれか1つ

     住民票/公共機関からの書類/クレジットカードや携帯電話の請求書

 

以下の画面からアップロードします。

 

 

2,3営業日で口座が有効になります。
難しい場合、必要書類さえいただければ、Mona が口座作成を代行しても構いません。

 

100万円当たりで、1日5500円のスワップがもらえます。

1日遅くなると、それだけの損失が出ているので、口座の開設はなるべく先に行っておいてください。

 

 >>革命的スワップ運用の戦略

月利17% で絶対に得する革命的スワップ運用術の基本戦略です。

 

基本的には 以下の組み合わせで、ポジションを持っていくだけです。

 

    ユロドル   1 万通貨 売り  (1 万 EUR売り、1.12万USD買い)   

    ユロ円      1 万通貨 買い  (1 万 EUR買い、118万JPY売り)    

    ドル円     1.12 万通貨 売り (1.12 万 USD売り、118万JPY買い)

       ※ 1 EUR = 1.12 USD の場合

 

これは後程説明します。まずは、どのようにして資金運用をしていくのか、戦略を説明させていただきます。

 

リスクが少ないのは最初であり、時間が経つごとにリスクや損失が大きい

 

まずは10万くらいの少額で始めて、プラスになることを確認したら金額を大きくして100万で・・・と、考えがちですが、違います!!

このスワップレートでのサービスはずっと続くものではないので、後になるほど恩恵をあずかれなくなる機会損失が高いと考えてください。

つまりは逆です。

100万で運用(月に17万の利益)するなら、例えば最初に200万を入金して、初回でスワップ金利の利益がぐっと入ったところ(月に34万ずつ3か月程度経過した時)でポジションを縮小し100万円を引き揚げるのです。サービス継続が見込め初めに多く稼いで、元本分の引き上げが完了したら、ゆっくり増やしていきましょう。元本の引き上げも、国内外を問わず FX 業者を使う上での鉄則ですね

元本と同じ額がたまるまで、4か月強かかります。そのため、最初の入金を倍にして、2か月で資金を引き揚げて、あとは安全圏でやってしまうことをお勧めします。

 

皮算用してみた

 

さて、100 万円を口座に入れると、月に15万程度入ってくる計算です。

私が実際にやってみたところだと、150 万円で 16ロットで開始し、利益が出るのに合わせて毎週ロットを追加していき、月末には19ロットになっていたため、スワップ合計金額が 18万7000円ほどの利益になっていました。

(最初は手数料やスプレッド差を引くので、実際の口座利益は少しだけ低くなります)

 

そこで、100万円の入金でフリーマージンを20%のこす (100万の入金なら必要証拠金を20万以上残す) として、どのように今後の資金が増えていくのか計算してみました。

元本の引き上げは計算に入れてないので、適当なタイミングで行ってください。

 

 

保持ロット

総数

獲得スワップ

口座残高

フリーな証拠金

(口座評価額の20%以上を維持)

0週間目

11

¥0

¥964,723

¥185,265

1週間目

11

¥42,920

¥1,007,643

¥228,185

2週間目

11

¥42,920

¥1,045,676

¥266,218

3週間目

11.5

¥42,920

¥1,085,659

¥270,771

4週間目

12

¥44,871

¥1,132,481

¥282,163

5週間目

12.5

¥46,822

¥1,176,366

¥290,619

6週間目

13

¥48,773

¥1,222,203

¥301,025

7週間目

13.5

¥50,723

¥1,269,990

¥313,382

8週間目

14

¥52,674

¥1,319,728

¥327,690

9週間目

14.5

¥54,625

¥1,371,417

¥343,949

10週間目

15

¥56,576

¥1,425,057

¥362,159

11週間目

16

¥58,527

¥1,482,598

¥348,841

12週間目

16.5

¥62,429

¥1,542,091

¥372,904

13週間目

17

¥64,380

¥1,603,534

¥398,917

14週間目

18

¥66,331

¥1,668,879

¥393,402

15週間目

18.5

¥70,233

¥1,736,176

¥425,269

16週間目

19.5

¥72,183

¥1,807,373

¥425,607

 

 

(横軸は週:  1週間目、2週間目、 ...)

 

証拠金は、口座資金が多くなってくるほど残す必要は無くなってくるので、実際には時間がたてば 20% も維持する必要はなく、もっと購入数が増えて急激に大きくなっていきますね。200 万で開始して、証拠金維持率を減らしていくと、グラフは以下の通りです。

 

(横軸は週:  1週間目、2週間目、 ...)

※ 52週間目時点での口座評価額は 2158 万円、証拠金余剰は 234万円程度で 10% 強まで徐々に減らしています。

 

もしも1年間続けられたら、年収2千万ですね。

52 週目は1週間で 100万円増えますので、スタートが1週間遅ければ後々には 100万円の損失になると考えると、まさに「時は金なり」です。

 

思い切っていくならお金を集めて1か月で返す

 

このスワップ金利はカードローン等よりはるかに多いので、金融機関やカードを使って数百万円を集め、1か月で返済して、残ったお金でやるのも一つです。もちろんそんなものを使わずに、自分の貯金や知人親戚から集めるのがベストです。100万円集めることができれば、1か月後には117万円。金利含めて 107万円の返済をしたとして、手元に残った10万円を自分の資本として開始することができます。

 

3すくみのスワップ運用なら、仮に明日に口座が強制クローズになっても残金がゼロになるわけではないので、返済不能になることは無いです。(最悪、スプレッドと手数料分の5%くらいは自分で負担しないといけないリスクだけが残ります。リスクとリワードの比率は圧倒的なプラスですね)。

 

>>革命的スワップの運用方法

為替差損ゼロのままスワップ金利だけをいただく方法で1か月17万円の不労所得!

 

FXでトルコリラでスワップ収入を得ようとしたら、通貨の大暴落で逆に大損した人っていますよね?

 

そこで、通貨の大暴落でも大損しない、確実なスワップ運用方法があることを見つけました。

簡単に言うと、通貨が大暴落/大暴騰しても為替差損ゼロで、スワップ金利だけがいただける方法です。

スワップ優待口座のスワップ設定のスキを突いた方法なので、いつまで続くかわかりませんが、

ちょっとやってみたところ、本当にうまくいきました!!

 

例えば、両建てでプラスになるスワップ

 

簡単に説明しますと、たとえばこんなスワップ金利を提示している会社がありました。

 

A 社のスワップ金利

 

買い

売り

ドル円 (USD/JPY)

+70 円

-50円

 

このとき、USD/JPY の売りと買いで両建てするとどうなるでしょう?

為替利益はずっと0のままなのに、スワップ金利の分だけプラスになります。

 

 

1日目

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

 

買いポジ損益

+3,000円

+1500円

+7000円

+1000円

-2,000円

-6,000円

 

売りポジ損益

-3,000円

-1500円

-7,000円

-1,000円

+2,000円

+6,000円

 

スワップ利益

+20円

+20円

+20円

+20円

+20円

+20円

 

 

売りポジと買いポジは常に相殺されて0ですが。 20円だけプラスです。

ハイレバにしても両建てポジションの合計はゼロのままなので、その場合はスワップ金利だけが1日数万円入ってきますね。

 

両建より効率の良い3通貨建てで存在する

 

通常は、このように均衡な状態になるポジションを持つと、スワップは0かマイナスになります。

しかし!ある会社のスワップ優待口座では、EUR/USD, EUR/JPY, USD/JPY と、3つをお互いに売り買いさせた場合に、そうなってしまう設定がありました。

 

スワップ (1 万通貨)

買い

売り

ドル円 (USD/JPY)

+26 円

-26 円

ユロドル(EUR/USD)

-84 円

+84 円

ユロ円 (EUR/JPY)

0 円

0 円

 

これを、それぞれの通貨量の売りと買いが同じになるように売り買いします。

 

    ユロドル   1 万通貨 売り  (1 万 EUR売り、1.12万USD買い)    * 1 EUR = 1.12 USD

    ユロ円      1 万通貨 買い  (1 万 EUR買い、118万JPY売り)     * 1EUR = 119 JPY

    ドル円     1.12 万通貨 売り (1.12 万 USD売り、118万JPY買い) * 1 USD = 106 JPY

       ※ ユーロ、ドル、円それぞれの売り/買いが一致している

 

こうすると、合計の為替差益は先ほどと同じく 0 だけど、スワップは合計 55円プラスです。

レバレッジを 500 倍まで効かせまくって100万通貨買うと、為替差益は0、スワップは 5,500 円です。

もちろんこれは、1日で得る金額です。

 

試してみた結果

 

この動画を見てください。

16 ロット、つまり、160 万通貨 (合計 約500万通貨) のポジションを持っているのですが、ニューヨーク時間に突入し、価格が乱高下しているときでしたが、ポジションの合計金額がほとんど変化していません!(14万プラスになったところ、前後1万円程度動くくらいです。)

 

 超ハイレバ!5000万通貨でチャート乱高下中も全く為替損失が出ずにスワップだけもらえている!

{youtube}u0UdAxG0d7I{/youtube}

 

どうやってでできるの?

 

これを実現するためには、金利の合計がうまいことプラスで提供している業者じゃないといけませんが、通常はスワップの合計はほぼマイナスになります。

でも!実はありました!FXSuitというところの優待口座が!

 

しかし、こちらを見てもわかる通り、スワップの合計は通常はマイナスです。

https://www.fxsuit.com/en/trading/products/forex

 

(通常口座のスワップ ドル換算額)

 

 

でも、とある優待口座では、先に紹介した表のようにプラスになります!

 

(優待口座のスワップ ドル換算額)

 

 

レバレッジ 500 倍でやれば、100万円を使って(念のため20万を安全資金にして80万使って)100万通貨分のペアが作れます。

これはだいたい1日で5000円以上、1か月で 15 万円以上の利益になります。

 

スワップを有利にしようとした優待口座サービスですが、結果的にこのようなスキが生まれてしまいました。

この業者はインターバンク直結 (NDD) なので、スワップはすべてインターバンクから出てきますので、業者は損をしません。だからしばらく気が付いていないか、ずっと長い間これが可能な状態なんですね。

単純に数兆円うごくインターバンクから、1日数万円の小さな金利を吸い上げるだけなんですね。

 

 >> FXSuitの口座の開設方法